Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/info0101/www/autoinsuranceingeorgia.net/index.php:1) in /home/info0101/www/autoinsuranceingeorgia.net/wp/wp-includes/feed-rss2.php on line 8
食事とサプリメント – 正しいサプリメントの摂り方 http://autoinsuranceingeorgia.net Mon, 25 Sep 2017 08:56:30 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.8.2 136005406 基本的には何を食べてもOKだが、できるだけ新鮮な山の幸、海の幸を http://autoinsuranceingeorgia.net/%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%81%a8%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88/%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e7%9a%84%e3%81%ab%e3%81%af%e4%bd%95%e3%82%92%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%82%82%ef%bd%8f%ef%bd%8b%e3%81%a0%e3%81%8c%e3%80%81%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%a0%e3%81%91%e6%96%b0.html Fri, 22 Sep 2017 10:48:20 +0000 http://autoinsuranceingeorgia.net/?p=40 玄米、山の幸、海の幸などを和風にして食べる

実際に食べるものには、坊本的には制限はありません。何を食べてもよいのですが、毎日食べてよい日常食と、習慣にしない万がいい非日常食とは区別する必要があります。

毎日食べたい食品は、主食では玄米、おかずでは、海の幸、山の幸、陸の幸です漬け物やみそ、納豆などの発酵食品も欠かせません。調味料やだしは、しょうゆ、みりん、昆布など、和風のものを選びましょう。

できるだけ新鮮なものをできるだけ加工せず食べる

食材の持っている栄養素をト分に生かすには、いくつかのポイントがあります。

まず新鮮なものを選びましょう。食べ物の栄養素は、時間とともに損なわれます。また、句の食材は栄徨素がふえていますから、季節感を生かすことも大切です。

加にされた食品は、その過程でとくに副栄養素が削られます できるだけ素材そのものを選びたいものです また、加熱したり水にさらすような調理も加にのひとつです。手を加えすぎず、素材の味を生かす食べ方を工夫しましょう。

ひと口に調味料といっても良し悪しがある

食べ物をよりおいしくするために、調味料は欠かせません。しかし、調味料によってはカロリーが高かったり、副栄養素が少ないものもあります。

塩は、精製された食卓塩よりも粗塩や天然塩、砂糖は白砂糖より黒砂糖やキビ砂糖を使えば、ミネラルが補給できます。醤油やみそ、酢のような発酵調味料、昆布やかつお節などのだしを使うのもおすすめです。

和食にあう調味料は、カロリーが低く、副栄養素が摂れるものが多いので、積極的に使いたいものです。また、ショウガやわさびなど、薬味やスパイスを利用すると、調味料の使いすぎを防ぐことができます。

調味料は、調理という加工をすればするほど使う量がふえます。シンプルな料理と味つけを心がけることも大切です。

水分補給も大切。ただしが涼飲料水は控えめに

人間の体の成分の70%は水分です 水分を袖給することも、生きていくうえでは重要なことです。

日常の水分補給の基本は、「お茶などの飲み物」、「みそ汁やお吸い物」、「料理に含まれる水分」、「水」、「豆乳や牛乳」、この5種類です。お茶は食事やおやつのときに、1日に湯のみで5~6杯飲むのが適当です。
豆乳や牛乳は飲みすぎないようにします。

それ以外に、オプションとして飲むものがあります。これらは、目的にあわせて飲み、習慣にはしないようにしましょう。

  • スポーツドリンク 入浴やスポーツ、夏の暑い日など、汗をかいて脱水状態になったときや、それが予想されるときに。
  • コーヒー、紅茶 気分転換に。おやつのときは砂糖やミルクを控えます。

清涼飲料水や、砂糖やブドウ糖の多いジュース類、アルコールは、基本的に毎日摂る必要のない飲み物です。気分転換に飲むときも、飲みすぎてはいけません。

日本人の遺伝性から欧米食への順応はむずかしい

日本人は、数千年に及ぶ長い歴史の中で、特有の代謝システムと遺伝性をつくりあげてきました。

それは、消化しにくい貨物から栄養素をとり込むための長い腸や、乳柵を分解しにくい体質、飢餓にそなえて脂肪をためこみやすい倹約遺伝子などです.代謝に必要なホルモンのインスリンの分泌がゆっくりなことも、穀類を食べるのに向いています

こういう体質を持った日本人にとって、欧米食はカロリー過剰で肥満をまねくだけでなく、臓器にも負担がかかります.さまざまな生活習慣病の原因にもなります。

完食OK。でもルールを守って

間食で問題なのは、スナック菓子や洋菓子のような、カロリーが高いのにビタミンやミネラルがほとんど含まれないおやつです。おやつは、次のようなルールを守って食べましょう。

  • 食事との間は3時間以上あける。
  • だらだらと食べたり、ながら食いをしない
  • お菓子でおなかいっぱいにならないようにする
  • 洋菓子よりもカロリーの低い和菓子を
  • 素材を生かした、焼き芋やくだものがおすすめ
  • 飲み物はカロリーの少ないお茶などを

摂り過ぎに注意したい食品

摂りすぎるとカロリー過多やビタミン、ミネラル不足などに陥りやすいということをきちっと認識しておきたい食べ物は、次のようなものです。

  • 主食 パン、麺類、カップ麺などのインスタント食品、ファーストフード
  • おかず 肉類、ハムーソーセージなど添加物や成長ホルモンを多く含むもの(表示で確認できる)、ヨーグルト以外の乳製品
  • 調味料 白砂糖、食卓塩、サラダ油、人工の油が原料のマーガリン、マヨネーズ、ドレッシングなど油を多く含むもの
  • 菓子類 添加物が多いスナック菓子、アイスクリーム、マーガリンを使ったクッキーなど
  • 飲料 アルコール、ジュースなどの清涼飲料水、水道水、200ml以上の牛乳、インスタントコーヒーなど

お酒はほどほどに。つまみに工夫も

アルコールには、血行促進などの効果もありますが、栄養の面からみると、カロリーが高くビタミンが少ないため、栄養過剰と副栄養素の不足を促進させるものです。

お酒は毎日は飲まないようにすることが肝心です。飲むときは、代謝が少しでもスム一ズになるように、おつまみを工夫しましょう。

おすすめのおつまみは、ビタミンB群を多く含む食品です。豚肉や鶏肉、レバーやしいたけなどを使ったメニューを選びましょう。豆腐料理や納豆、枝豆などの大豆製品もビタミンB群の補給に効果的です。

お酒を飲む前に、サプリメントでビタミンB群とビタミンCを摂っておくとよいでしょう。

ベストな食事を摂るための8つのポイント

  1. 1日3食のうち、2食以上は和食にする
  2. ご飯の量は、男性4膳、女性3膳以上を目安に
  3. おかずは海の幸、山の幸、陸の幸を(量より種類を重視)
  4. 毎食食べたいものは「ご飯」「みそ汁」「豆類」「魚介類」「野菜」
  5. 水分補給と間食のルールを守る
  6. 調味料は和風ベースに.入れ過ぎに注意する
  7. 乳製品と牛乳は摂りすぎない.牛乳は成入で1日200ml、多くても400mlまで
  8. できるだけ新鮮なものを新鮮なうちにあまり加工しない状態で食べる
]]>
40
体のためには、昔ながらの和食が理想の食事 http://autoinsuranceingeorgia.net/%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%81%a8%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88/%e4%bd%93%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e3%81%af%e3%80%81%e6%98%94%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%89%e3%81%ae%e5%92%8c%e9%a3%9f%e3%81%8c%e7%90%86%e6%83%b3%e3%81%ae%e9%a3%9f%e4%ba%8b.html Fri, 22 Sep 2017 08:13:38 +0000 http://autoinsuranceingeorgia.net/?p=29 洋風の食材やメニューは本来削本人の体に合わない

今の日本の食卓には、世界中のさまざまな国の料理が並ぶほど、食生活はバラエティーに富んでいます。生活全体に欧米の文化がとり入れられ、縁日の食事にも洋風の食材やメニューが並ぶようになっています しかし、こうした食事は、現代食の大きな間題である「栄養過剰の栄養失調」の原因のひとつでもあります 日本人の代謝システムをぶ正常に機能させるのに適している食事は、日本人が長い時間をかけてつくりあげた和食です、和食は脂肪が少なく、栄養バランスのよい健康食です。

とくにご飯は理想の食品

和食の中でも、とくにすぐれたものは、主食であるご飯です。ご飯をたくさん食べていた時代、日本に肥満の人はほとんどいませんでした。

ご飯には、いろいろな食べ方があります。一般的なのは白米ですが、精米の過程で副栄養素が削られてしまっているという弱点があります キビ、アワ、ヒエなどの雑穀を混ぜてみてもよいでしょう。

玄米や発芽玄米、胚芽米、麦など、副栄養素などのメリットの多い穀物も試したいものです。白米と混ぜてもよいでしょう。

お米が体にいいのはなぜ?

脂質もエネルギーも少ない
100gのご飯に含まれる脂肪はわずか0.5gで、148kcal。パンは100gで260kcal。
満腹感が得られる
よくかむことで唾液が分泌され、でんぷんが糖に分解されて胃に運ばれ、満腹中枢を刺激する。唾液と混ざってかさがふえ、満腹感につながる。
便秘を解消
難消化性でんぷん質と食物繊維が腸を直接刺激して、ぜん動運動を促す。
食べ飽きない
淡泊な味なので、毎日食べても飽きることがない。
代謝のバランスがよい
パスタや麺類、パンにくらべて、ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含んでいる。
どんな食材ともいっしょに食べられる
魚や肉、野菜などどんな素材、どんな昧のおかずともぴったり合う。
レジスタントスターチは太りにくい
ご飯に含まれるでんぷんのうち、アミロースは難消化性でんぷん質(レジスタントスターチ)で、糖として吸収されないので、太りにくしい

ご飯にはデメリットもある

健康食としておすすめのご飯にもデメリットがあります。しかし、おかずの組み合わせなどで十分にカバーできるものです。

  • カルシウムが少なくリンが多い

さんまやいわしなどの魚をおかずにし、添加物にリンを含むハムやソーセージを避ける

  • ビタミンDとカロテン類(ビタミンA)が含まれない

魚、レバー、緑黄色野菜のおかずを

  • 白米はビタミンB群が不足

玄米を混ぜて炊く。豚のモモ肉やヒレ肉のおかずと組み合わせる

  • たんぱく質が少ない

大豆製品と米を1対2の割合で摂ると、アミノ酸もよくなる

]]>
29
食事で1日に必要な栄養成分をすべて満たすと肥満になる http://autoinsuranceingeorgia.net/%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%81%a8%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88/%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%81%a7%ef%bc%91%e6%97%a5%e3%81%ab%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e6%a0%84%e9%a4%8a%e6%88%90%e5%88%86%e3%82%92%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e6%ba%80%e3%81%9f%e3%81%99%e3%81%a8%e8%82%a5.html Fri, 22 Sep 2017 07:31:51 +0000 http://autoinsuranceingeorgia.net/?p=26 食材そのものが”栄養失調”に陥っている現代食

今、私たちが食べている食べ物に含まれる栄養素は、以前よりずっと少なくなっています。とくにビタミンやミネラルのような、ただでさえも不足しがちな栄養素ほど、年々減少しています。いちばん大きい理由は、農業の基本である土地がやせてしまったことです。いろいろな作物をくり返しつくることで、土は酸性化し、野菜の栄養素を育てられなくなったのです。ですから、さまざまな食品をまんべんなく摂っているのに、栄養が片寄った状態になってしまっているのです。

調理することで、ビタミンがますます流出する

栄養素の減少は、保存や調理の段階でも進みます。ビタミンやミネラルは、水や熱、光に弱い性質を持っているので、野菜を水にさらしたり、ゆでたり、炒めたりする調理の間に、水溶性のビタミンは流れ出し、熱に弱いビタミンは破壊されてしまいます。

栄養素の少ない食材で、必要なビタミンやミネラルを摂るのは、実際には不可能な状態になっているのです。

また、お米のように、精米という加工の過程で、ビタミンやミネラル、食物繊維を取り去っている食材もあります。

ビタミンが不足するとエネルギー代謝ができない

私たちは、食事で摂った三大栄養素のカロリーを使って、体の細胞を新しくつくり替える新陳代謝と、体や脳を動かすためのエネルギー代謝をくり返すことで生命を維持しています、代謝には、カロリーに見合った充分なビタミン、ミネラルが必須です。

エネルギー代謝は、ろうそくの火にたとえることができます。エネルギーのもとになる糖質をろうそく、ビタミンが酸素と考えると、どちらかが多すぎたり、足りないと、火は消えてしまいます。

新陳代謝は、家を建てることにたとえると、たんぱく質が材木や瓦、ビタミンがクギやカナヅチ、ミネラルが大にさんと考えられます。

やはりすべてがそろわないと、家は完成しません。代謝システムには、充分なビタミンやミネラルが必須なのです。

今の生活ではカロリーががまつてしまい、肥満に

摂取カロリーにくらべてビタミンやミネラルの量が少ないと、カロリーは十分に代謝されず、あまった分は脂肪として体内にたくわえられます これが肥満の原因のひとつです。

たとえば、カロリーが10あっても、ビタミンが3しかなければ、エネルギーにかえられるカロリーは3だけで、あまった7のカロリーは脂肪になります。

しかし、現代食ではビタミンやミネラルを10とろうとすると、食事全体の最がふえてしまい、カロリーもふえて、結果としてやはりカロリーがあまることになります。カロリー過多、ビタミンやミネラル不足の傾向にある現代の食事では、肥満しやすくなってしまうのが現状です。

メインの栄養価が下がっても野菜は必ず食べる

ビタミンやミネラル、食物繊維のような、副栄養素の含有量が減っているからといって、野菜を食べることが無駄になるわけではありません。

野菜には、野菜自身が自分の身を守るために持っでいる、ファイトケミカルという成分があります。抗酸化作用があるとされ、代表的なものは、お茶のカテキンやブルーベリーのアントシアニンなど、酸化防止効果のあるポリフェノールがあります。

ファイトケミカルには、まだ発見されていないものもあり、サプリメントでは補えませんから、野菜は毎日きちんと食べる必要があるのです。

]]>
26
日本人の食生活は、カロリーオーバーと「ビタミン、ミネラル栄養失調」の二重苦 http://autoinsuranceingeorgia.net/%e9%a3%9f%e4%ba%8b%e3%81%a8%e3%82%b5%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%81%ae%e9%a3%9f%e7%94%9f%e6%b4%bb%e3%81%af%e3%80%81%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%a8%e3%80%8c%e3%83%93%e3%82%bf%e3%83%9f.html Fri, 22 Sep 2017 06:44:46 +0000 http://autoinsuranceingeorgia.net/?p=17 糖質、脂質、たんぱく質は過剰に摂取している

現代の日本人が食事から摂っている栄養素のうち、糖質(炭水化物)、脂質、たんぱく質の3つは、摂りすぎの傾向にあります。これらは三大栄養素といわれ、人間が生きていくためには欠かせませんが、必要以上に摂れば、摂取カロリーがふえ、それをト分に消費できなくなり、肥満につながります。さらにいろいろな病気をひきおこすことも考えられます。

たんぱく質では、肉や魚などの動物性たんぱく質の摂取量が多く、大豆製品などの植物性たんぱく質は不足気味です。

ビタミンやミネラル、ファイバーは不足している

逆に不足しているのは、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの副栄養素です。副栄養素のうち、食塩だけは摂取量が多く、摂りすぎが心配されます。

食事で摂った糖質、脂質、たんぱく質を代謝するためには、剛栄養素が必要です。たんぱく質を原料に細胞をつくるときも、糖質をエネルギーとして燃焼させるときも、ビタミンやこへヽ不ラルの力を借りています。

現代食は、カロリーは「栄養過剰」、ビタミンやミネラルは「栄養失訓」というアンバランスな状況になっているのです。

子供には、よく噛む習慣をつけることが大切

成人の歯は全部で32本です。もともと、このうち8本の切歯は野菜などをかみ切るため、4本の犬歯は肉や魚を食べるため、残りの20本の臼歯は穀類や豆をすりつぶすためという役割があり、このバランスで食材を摂取することも、食事の理想型のひとつです。

現代食に多い加工食品や欧米食は、あまりかまなくても食べられるうえ、手軽なので、つい固いものを敬遠しがちです。歯もその役割を果たしていません。とくに子供は、かまないことが、あごの発達に影響して、歯並びが悪くなり、虫歯の原因にもなります。意識して固いものを食べさせ、かむ習慣をつけましょう。

こうすれば食事が改善される

食事の問題点をみつけ、改善するための基本的なポイントをあげてみましょう。

  • 食材はできるだけ調理せず(生のまま)、油や調味料も使いすぎに注意する

揚げものや炒めものの調理に使う油や、サラダにかけるドレッシングやマヨネーズは、カロリーの摂りすぎを促進させます。

  • 肉を減らし魚を食べる

中性脂肪をふやす肉の脂肪にくらべて、魚の脂肪には、DHA、EPAなど、善玉コレステロールをふやす成分や不足しがちな栄養素が含まれます。2対1の割合で魚を多く食べましょう。

  • 和食、ご飯中心の食事に
  • 野菜、海藻、きのこ、豆類のおかずをふやす
  • 足りない栄養素はサプリメントで補う
]]>
17