正しいサプリメントの摂り方 > 食事とサプリメント > 日本人の食生活は、カロリーオーバーと「ビタミン、ミネラル栄養失調」の二重苦

日本人の食生活は、カロリーオーバーと「ビタミン、ミネラル栄養失調」の二重苦

糖質、脂質、たんぱく質は過剰に摂取している

現代の日本人が食事から摂っている栄養素のうち、糖質(炭水化物)、脂質、たんぱく質の3つは、摂りすぎの傾向にあります。これらは三大栄養素といわれ、人間が生きていくためには欠かせませんが、必要以上に摂れば、摂取カロリーがふえ、それをト分に消費できなくなり、肥満につながります。さらにいろいろな病気をひきおこすことも考えられます。

たんぱく質では、肉や魚などの動物性たんぱく質の摂取量が多く、大豆製品などの植物性たんぱく質は不足気味です。

ビタミンやミネラル、ファイバーは不足している

逆に不足しているのは、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの副栄養素です。副栄養素のうち、食塩だけは摂取量が多く、摂りすぎが心配されます。

食事で摂った糖質、脂質、たんぱく質を代謝するためには、剛栄養素が必要です。たんぱく質を原料に細胞をつくるときも、糖質をエネルギーとして燃焼させるときも、ビタミンやこへヽ不ラルの力を借りています。

現代食は、カロリーは「栄養過剰」、ビタミンやミネラルは「栄養失訓」というアンバランスな状況になっているのです。

子供には、よく噛む習慣をつけることが大切

成人の歯は全部で32本です。もともと、このうち8本の切歯は野菜などをかみ切るため、4本の犬歯は肉や魚を食べるため、残りの20本の臼歯は穀類や豆をすりつぶすためという役割があり、このバランスで食材を摂取することも、食事の理想型のひとつです。

現代食に多い加工食品や欧米食は、あまりかまなくても食べられるうえ、手軽なので、つい固いものを敬遠しがちです。歯もその役割を果たしていません。とくに子供は、かまないことが、あごの発達に影響して、歯並びが悪くなり、虫歯の原因にもなります。意識して固いものを食べさせ、かむ習慣をつけましょう。

こうすれば食事が改善される

食事の問題点をみつけ、改善するための基本的なポイントをあげてみましょう。

  • 食材はできるだけ調理せず(生のまま)、油や調味料も使いすぎに注意する

揚げものや炒めものの調理に使う油や、サラダにかけるドレッシングやマヨネーズは、カロリーの摂りすぎを促進させます。

  • 肉を減らし魚を食べる

中性脂肪をふやす肉の脂肪にくらべて、魚の脂肪には、DHA、EPAなど、善玉コレステロールをふやす成分や不足しがちな栄養素が含まれます。2対1の割合で魚を多く食べましょう。

  • 和食、ご飯中心の食事に
  • 野菜、海藻、きのこ、豆類のおかずをふやす
  • 足りない栄養素はサプリメントで補う