正しいサプリメントの摂り方 |

正しいサプリメントの摂り方

サプリメントは、ただとるだけで、その栄養素や成分が働くわけではありません。もしとるだけで効果や効能が得られるならば、それは薬剤になります。皆さんの中には、さまざまな本を読み、かなりたくさんの知識を身に付けてサプリメントを補給している方も多いと思いますが、しかしどうでしょうか。皆さんが得た知識通りに効果・効能が心身に現れたでしょうか? お肌にビタミンC、骨にはカルシウム、冷えにはビタミンE、目にはビタミンA…摂ってはみたが、結果は?
「何となくよくなったのはわかりますが、具体的に何か良くなったのかわかりません。」というご意見が大半だと思います。この原因は、どこにあるのかといいますと、実は先はどのお肌にとか、骨に…という知識は、実は医薬品のビタミン剤やこへヽ不ラル剤の知識であり、サプリメントのビタミンやミネラルの玉粒の知識ではないからです。

サプリメントは、確かに姿形は普段食べている食材とは異なり、薬剤と同じ形をしているためにどうしても薬としてのイメージが強く、薬剤同様、その効能・効果を期待してしまいます。しかし、あくまでもサプリメントは食品であり、たとえ同じビタミンの玉粒であっても、その中に含まれる種類や量はまったく異なり、摂るだけでは何も起こりません。

それではどうすればよいのでしょうか?

その結論はまず、そもそも何故サプリメントをとる必要があるのか? そもそも何故サプリメントという不思議な食品が存在しているか?

つまり、私たちの食べている現代食が、何故サプリメントという食品を作り出さざるを得なかったのか? その辺から学ばなければ何も解決しないのです。

現代食の間題点をきちんと学び、サプリメントがそのどこを克服するのか、また同時にサプリメントでは解決できない問題(サプリメントの限界)は何か、ということも学び、すべての間題を解決するためには、サプリメントだけでなく、さらにどのような生活習慣の改善を新たに図ればよいのかも学ばなければなりません。つまり補給したサプリメントを心身に効果的に機能させるためには、食事の摂り方やエクササイズの仕方、睡眠術なども同時に身につけていかなければならないのです。サプリメントを生かすも殺すも、そこにかかっているのです。

サプリメントの摂り方の指南と同時に、とったサプリメントが確実に体内で機能するためにはどのような生活習慣を身につければよいのかを、イラストや表やグラフを中心にわかりやすく解説しました。この理論は単なる机上の学間のつぎはぎで生まれたものではなく、ビタミン外来という臨床の現
場で失敗と修正の繰り返しの末に得られた実践的なものです。

また、この外来で明らかになってきた新しい代謝である、精神代謝の考え方も学んでいただき、体だけでなく心も材料をきちんとそろえることで、自分で創り出し、鍛え、コントロールすることができるということを、知っていただきたいと思います。

体の健康ばかりか心の健康までも、ビタミン、ミネラルでつくられているとわかってきた

人間の体と心は4つの「代謝」で保たれている

食べたものを体が利用することを「代謝」といいます。人間の体は、この代謝により生命を維持し続けています。

代謝は、人間が生きていくうえで、欠かせないシステムです 体全体の代謝システムがすべてバランスよく、スムーズに働くことで健康が保たれます。代謝は体だけと考えがちですが、精神も代謝によりつくり出されている可能性があり、どちらも非常に大切なものです。

精神の代謝も含めると人間の代謝には、4つあると考えられます。4つの代謝は個別のものではなく、それぞれが尾いに関係しあうことで成り立っていると考えられます。

4つの代謝のうち、身体系の代謝(体をつくる)は、「体をつくり維持する新陳代謝(ボディメイクニと、「体を動かすエネルギー代謝(エネルギーメイクこの2つです。精神系の代謝(心をつくる)には、「本能に近い部分で行われる生物学的精神代謝」、「言葉や情報によってつくられる社会的精神代謝があります。

また、新陳代謝と生物学的精神代謝は無意識の領域のもの、エネルギー代謝と社会的精神代謝は意識下の領域のものとするグループ分けで考えることもできます。

新陳代謝に不可欠なビタミン、ミネラル,たんぱく質

新陳代謝は、体の細胞をつくる、もっとも基本的な代謝システムで、栄養、睡眠、運動の3つの材料がバランスよく整うことで働きます。栄養素として必要なのは、体の組織の素であるたんぱく質、ビタミン、ミネラルです。このうちのひとつでも不足すると、新陳代謝がうまくいかず、体のトラブルがひきおこされます。

睡眠は、1日に6時間以上の継続した睡眠(主睡眠)と、5~15分の昼寝(副睡眠)をとるのが理想です。主睡眠中には新陳代謝が促進されます。

運動は、筋肉と骨を維持。増はするレジスタンス運動(静的運動)が必要です 筋肉に負荷をかけるレジスタンス運動には、脂肪を燃やす準備をし、体のコンディションを怯える働きがあります。

エネルギー代謝のベースになる炭水化物とビタミン

体を動かすためのエネルギーをつくるのが、エネルギー代謝(エネルギーメイク)です。エネルギー代謝の材料は、栄養、思考、運動の3つです。

必要な栄養素は、糖質(炭水化物)とビタミンです。炭水化物は体内でブドウ糖に分解され、エネルギーとして消費されます。

思考とは、勉強や読書、会話などの考えること、つまり大脳新皮質を使うことです。脳は、休心の約2%の重さしかありませんが、血液によって全身に運ばれるブドウ糖の約25%を消費します。

運動は、有酸素運動です。運動は、まず肝臓や筋肉にたくわえられているブドウ糖を使い、次に脂肪を燃やします。体脂肪の燃焼には、有酸素運動を最低でも15分、できれば30分以上続けるのが理想です。




基本的には何を食べてもOKだが、できるだけ新鮮な山の幸、海の幸を

玄米、山の幸、海の幸などを和風にして食べる 実際に食べるものには、坊本的には制限はありません。何を食べてもよいのですが、毎日食べてよい日常食と、習慣にしない万がいい非日常食とは区別する必要があります。…

食事とサプリメント

体のためには、昔ながらの和食が理想の食事

洋風の食材やメニューは本来削本人の体に合わない 今の日本の食卓には、世界中のさまざまな国の料理が並ぶほど、食生活はバラエティーに富んでいます。生活全体に欧米の文化がとり入れられ、縁日の食事にも洋風の食…

食事とサプリメント

食事で1日に必要な栄養成分をすべて満たすと肥満になる

食材そのものが”栄養失調”に陥っている現代食 今、私たちが食べている食べ物に含まれる栄養素は、以前よりずっと少なくなっています。とくにビタミンやミネラルのような、ただでさえも不足しがちな栄養素ほど、年…

食事とサプリメント

日本人の食生活は、カロリーオーバーと「ビタミン、ミネラル栄養失調」の二重苦

糖質、脂質、たんぱく質は過剰に摂取している 現代の日本人が食事から摂っている栄養素のうち、糖質(炭水化物)、脂質、たんぱく質の3つは、摂りすぎの傾向にあります。これらは三大栄養素といわれ、人間が生きて…

食事とサプリメント